Pagesで年賀状作ってみましょう(2019.04.19 更新)

Pages応用編 3: 年賀状作ってみましょう

年賀状はこれからです。分かっているのに、いつもギリギリになってしまいます。MacのPagesで作ってみましょう。

写真を貼り付けた年賀状を作ってみます。

2019年11月21日(更新)
Pagseで縦書きができるようになりました。これで他の「
縦書きができるソフト」に頼らずに、横書き同様にPagesの優れた機能を使用できます。ちょっと縦書きで年賀状を作ってみましょう。

2018年11月21日(更新)

「Pagesの図形を使ってシンプル年賀状」と「Pagesの図形を使ってレイアウト」を追加しました。」

作成手順

 写真を貼り付ける

  1. プリントを「はがき横」にセットして適当な写真を1枚ドラグペーストします。

年賀1

  1. 縦横を3.5cmの正方形にします。
  2. 写真をクッリクして「メニュー」の「フォーマット」「詳細」で「メディアのプレスホルダーに定義」します。

年賀2

 

  1. コピー、ペーストで4枚並べます。
<li>テキストボックスに文章を入れます</li>

年賀3

  1. 春、夏、秋、冬のイメージで写真をペーストして入れ替えました
<li>「メディアをプレスホルダーに定義」しているので、何度でも入れ替えができます</li>

年賀状1

 

12枚アレンジした例です

月毎の写真を貼り付けてみました 。

2017%e5%b9%b4%e8%b3%80


2018年度版に入れ替えました。

テキストの段落を2段にして文章を挿入

 

 

もっとシンプルに作りましょう。

文字、イラストは素材集を使用、写真の加工はドラグ・ドロップで簡単に情緒ある写真に変換してくれる『Haiku』と『PhotoSketcher』を使用してます。

 

 



 

縦書きを作りましょう

  1. 画像を一枚貼り付け、縦長に変形します。
  2. 縦書きができないので、テキストボックスの幅を狭くして、1行ずつ別々に入力します。

 

 

親しい男友達用ですよ。『PinUpGirls』を使用

Pagesの図形を使ってシンプル年賀状(2019年11月21日更新)

バージョンアップで図形の種類、機能が充実しました。図形を使ってシンプルな年賀状を作ってみました。

Pagesの図形を使ったイラストです。基本は丸、四角、三角で、帽子も図形を使っています。


Pagesの図形を使ってレイアウト(2019年11月21日更新)

図形の四角計を貼り付けて年賀状のレイアウトを作り、写真を貼り付けます。四角である必要はなく丸でも、三角でもレイアウトできます。

 

先に文字を入れておきましょうか。

写真を図形にドラグドロップします。四季の写真を貼り付けましょう。
ここで忘れてはいけないのは、写真を貼り付けたら、メニューの<フォーマット><詳細><メディアプレスホルダー定義>して下さい。
それで写真を自由に入れ替えることができます、

完成です。完成したらメニューの<編集>でテンプレートとして保存して下さい。子供、旅行、ペットなど色々なバージョンが作れます。

Pagesの縦書きで作りましょう(2019.4.19更新追加)

年賀状は「テキストボックス」を使った方が簡単です。

「右クリック」または「Shift+クリック」でサブメニューを表示して「縦書きテキストON」にします。横書きでテキストを打ち込んでからでも変換できます。

図形、イラストの挿入貼り付けなどは横書きと同じです。

私は、もう何サイクルもインク革命の互換インクを使ってる。次の日届く。サポートが良い。

(Visited 8,202 times, 17 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする