『キクタン中国語』で基本単語を覚えた。

『キクタン中国語』:アルク

語学の勉強で最初に苦労するのは単語です。聴いて、読んで、書いて覚えるしかないでしょう。まして中国語の予備知識などなく未知の言語でした。それで爸爸,妈妈など基本中の基本単語を覚えるために初めてアルクのキクタンシリーズの『キクタン中国語』を使いました。『キクタン中国語』には「入門編」、「初級編」、「初中級編」、「中級編」、「慣用句編」、「上級編」があります。私が使ったのは「入門編」、「初級編」そして「初中級編」までです。まずは基本単語を100,200,300…と覚えることが次のステップを効率的にすすめることができます。

IMG_3909

注)iPadの画面は、私が「入門編」、「初級編」の本をスキャンPDF「自炊」したものです。

名前の「キクタン」の通り、繰り返し聴くことに重点を置いています。ひとつの単語が「中国語ー日本語ー中国」、例えば「爸爸-お父さんー爸爸」、「早上-朝ー早上」とリズム良く録音されています。まず音から入って、それからテキストのピンインを見ながら発音の確認し、時間があったらテキストの例文を書き写すのも良いと思います。CDをiTuneに取り込みiPhoneで聴いています。



楽天
キクタン中国語(入門編) 聞いて覚える中国語単語帳 [ 関西大学中国語教材研究会 ]
キクタン中国語(初級編) 聞いて覚える中国語単語帳 [ 関西大学中国語教材研究会 ]

(Visited 385 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク