国立新美術館の『ルノワール展』

乃木坂の国立新美術館で、4月から開催されている『ルノワール展』が8月22日(月)で終わります。私は絵を描くのが不得手で、名画を鑑賞できる眼もありませんが、日本で初めて公開されたルノワールの最高傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》を見てみたくて、台風一過の猛暑のなかを行ってきました。

ルノワールの初期の写実的な肖像画から、裸婦を描いた晩年の大作まで、100点以上展示されています。私のような素人でも、時系列に変わっていく作品を見ていくと、画家の挑戦と探究心がわかります。

いいものは目に残ります。よかった。

DSCF2348

国立新美術館は広くてゆったりしています。

DSCF2345_1

DSCF2362_1

こっそり絵が上手になりたいですね。

初心者でもいきなり上手に描ける、プロ直伝!水彩画講座

(Visited 62 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク