シンプルで奥深い『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』

『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』:浅田すぐる著

『紙1枚!」トヨタ50年間の知恵が凝縮した手法

紙と3色ボールペンがあったらすぐに実践できる

『トヨタの一枚』文化がトヨタに定着したのは、60年代の半ばから70年代半ばだそうです。50年も前のことです。高度成長期から一転変動相場制、オイルショックと、日本の環境が大変化した時代です。そんな変化を乗り切るために考え出された手法だったようです。そして70,000人の社員があたり前のよう使っています。

本書は2015年に出版されてからロングセラー化している本で、「トヨタの1枚」が分かりやすく説明されています。

さらに、紙1枚に簡単にまとめるための手書手法『エクセル1』、『ロジック3」を紹介しています。

必要なものは「テーマ」、「紙」、「3色ボールペン」だけです。私はすぐに実践しました。

Chapter 1の「なぜトヨタはナンバーワンなのか?」

私がマークした箇所をランダムに引用します。


  • 3つの特徴:「ひと目で全体が見える」、「枠がある」、「枠ごとにタイトルがある」

  • どんな説明より「一枚」の書類が機能する
  • 一覧性を持たせ一目でわかる
  • 考え抜かれた「1枚」は無駄な情報を省く
  • 読んでわかるのではなく見てわかる、短い時間に結論が出せる
  • 実際に書くことによって、自分がわかっている部分、わからない部分がわかる
  • 型が大事:共通のテーマ:目的、現状、課題、対策、スケジュール
  • 会議の無駄がない
  • 人を育てる:パソコンの社員共有サーバーに保管、情報を共有する

Chapter 2 「トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術〜基礎編

Chapter 3 『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術〜応用編

これからが本題です。

「紙1枚にまとめる」ための前段階の思考整理法


  1. 情報を紙に「整理する」

  2. 自分の考えを書類に「まとめる」

  3. 書類に内容を誰か「伝える」

    この3ステップから資料化して整理する、シンプルで有効な手書き手法「エクセル1」、「ロジック3」を説明しています。

紙と3色ボールペンがあれば、すぐに使えるシンプルな手法です。

考えをまとめるための有効な手法です。

読んだらすぐに応用してみてください。

Amazon→トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術

楽天→トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術 [ 浅田すぐる ]

iBoos→  トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術 – 浅田すぐる

(Visited 177 times, 8 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク