わずか50個の動詞で中国語が話せる?

『わずか50個の動詞で話せる中国語』

貿易業に携わり、通訳も兼ねて年間200日/6年間を中国で過ごした川原祥史さんの「最短で中国日常会話を話せるようになりたい人」のための「実践的な中国語教材」です。

50個の動詞で日常会話が話せる?

私は英語は仕事で使えるレベルですが、読める語彙と能動的に話せる語彙の数には大きな差があります。そう言われれば日常会話で使いまわしている動詞は50個くらいでですね。もちろん自分の専門分野に必要な動詞もありますが、そちらは50個以下でしょう。

基本動詞のマスターは中国語だけではなくて外国語を学ぶときの鉄則ですね。特に中国語を勉強していて、中国語は動詞中心に語順を覚えたほうが良いということに気づきました。

50個ですから1日に1,2個を覚えれば、1ヶ月で50個覚えることができます。50個といっても一つの動詞は一つの意味ではなくて、英語のhave, takeなどのようにいろいろな意味を持っているので使いまわしができます。

どんな動詞を選んだかは、川原祥史さんの実践的経験ノウハウでしょう。

教材は動詞の発音や使い方を会話形式で説明しており、練習問題もあります。中国会話の基本フレーズ、中国語の文化や風習を同時に学べる教材になっています。

教材の詳細はこちらでご確認ください。

☆中国語☆わずか50個の動詞で話せる中国語☆

(Visited 52 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク