心のストレス: 人間関係にこだわらない

心のストレス: 人間関係にこだわらない

自律神経のバランスをくずして万病の原因になるストレスは、
* 働き過ぎ
* 心のストレス
* 薬の長期利用

そのなかで、精神(心のストレス)は第三者からは見えず、ストレスの度合を計るすべもありません。「ストレスが原因ですよ、あまりくよくよしないで」と言わても何の助言にもなりません。心のストレスの中に人間関係があります。本屋で矢作直樹(「人は死なない」の著者」)の「悩まない」をパラパラと立ち読みしました。人間関係について、うなずけることが書いてました。記憶で感想を書いているので本の内容に対して正確ではありませんが…

ひとつの縁を切ると 新しい縁が生まれる

波長が合わないひととは無理につきあわない

P8170009-2自分と波長が合わないひとはたくさんいるでしょう。波長が合わない相手が一方的に悪いわけではありませんが、合わないものに無理に合わせようとするとストレスになります。「あの方は大事な人なので…我慢して」と思う関係ほど断ち切った方がスッキリするでしょう。喧嘩して断ち切るわけではありませんから、逆に新しいドライな関係が築けるかもしれません。また、ネガティブな関係を断ち切ると、波長が合う新しいひととの新しい縁が生まれます。私は、「人間関係、何より大事なのは人間関係」と言う人とは波長が合いませんでした。

少し話は変わりますが、私は100%外資の会社に25年勤めていました。部下に、「仕事は淡々とするように、無理に、極端に上司に同調しないように」と言ってました。理由は、外資のManagerはコロコロ変わります。媚びるように同調していたら、Managerが去った後会社に居ずらくなってしまいます。

悪口を言うグループに仲間入りしない

「人の悪口を言う、人の不幸を喜ぶ」も時にはストレス解消になっているのでしょうか。でも、会えば人の悪口しか言わない人、そんな人達のグループには避けた方が良いでしょう。人の悪口を言って自分が良い人、人が不幸で自分が幸せな気分になれるのは相対的な幻想で、ただ嫉妬とコンプレックスがなせることです。そんなグループと付き合っていると、自分も言われているのではないか、などと余計なことも考え、じわじわとストレスが溜まります。

(Visited 133 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク