これで900点に挑みます。アルクの『TOEICテスト完全攻略900点コース』

「他人に負けない得意はあるか?」、「2020年、どう成長していきたいか?」、「本当にやりたいことは何か?」
    
「TOEIC900点!」、ターゲットとして不足はないでしょう。
    
TOEIC700点、800点と比べて900点は実力以上の響きがあります。
例えば、こんなことだってあるでしょう。
「商品開発部のMさんTOEIC930点だって」
「えーすごい! 英語できるんだ! 見直した」
     
700点、800点台の人たちは英語ができる人たちです。 私も英語ができると思っています。だから、なぜ900点をとれなかったのか、自分の英語力の弱点は知っています。
   
しかし、この100点は重い!持ち上げるのは簡単ではない。自分の英語力を900点台に底あげしなければならない。     

アルクの『TOEICテスト完全攻略900点コース』を選びました

システマチックに弱点を補おう。語学教材の老舗でブランド力のあるアルクの『TOEIC テスト完全攻略900点』で900点に挑戦します。

【全額返金保証付き】アルクのTOEIC(R) TEST 完全攻略シリーズ

教材が届いた、すごいボリューム!!

コースガイド、テキストブック6冊、TOEICテスト形式のテストブック4冊、ワードブック6冊、そして音声のCD13枚です。予想を超えたボリュームです。

900点の準備は整いました。

CD版より価格が一割近く安いMP3版がおすすめです。結局音声はPC、スマートフォン、ICレコーダーで聞くことになります。

実際の教材です

コースガイド

■学習の進め方、カリキュラム、テストの提出などについての説明
■届いた教材の他に、アルクのサイトから、またアプリを通して音声、PDFテキストなどのダウンロードの方法の説明があります。私は必要なPDFテキスト数ページを4つ折にして手帳に挟んで持ち歩いて隙間時間を活用しています。
■模擬「3回チャレンジ法」などの「学習法のススメ」は「なるほど」です

本教材のテキストブック

6ヶ月分のテキストブックです。

えっと思った!でもすぐに納得「900点の英語力に底上げしてくれる」教材です

テキストを開いた時、予想とは違っていたので「えっ」と思いました。でも1プロジェクトを終えて納得しました。900点の英語力に底上げしてくれるプログラムになっています。TOEIC対策だけではなく、実践で使えるトレーニングです。

TOEICのリスニングテストで聞き逃すまいと集中し過ぎて要点を聞き逃している。聞き流せるほどのリスニング力がなかった。長文問題、時間がない!読み切れていないのです。

実力をつけて正攻法で900点を攻略する教材です。

テキストの最初に監修者の記事があります。「弱点がある限り900 点への道は遠い」などと監修者が経験を述べています。5分で読めます。

プロジェクト: 与えられたミッションを多角的なタスクで取組んで、結論、解決を導き出す

1冊のテキストに4プロジェクトあります。1プロジェクト を1週(3日)で終えるカリキュラムです。6ヶ月で24プロジェクトです。私はまだ2Projectsプロジェクトを終えたところです。6カ月後はどうなっているのでしょうか。

ビジネスや日常生活の場面で遭遇しそうな問題を多角的なタスクで取組み、TOEIC900 点を余裕で突破できるために必要な総合英語力、課題解決力を養います。

錯覚と言えば大袈裟ですが、実際に自分がプロジェクトの主役であるかのように思ってしまうストーリーになっています。

例えば直属上司から「客先とのミーッティングのスケジュールの調整」を指示されました。出席者の予定を調べて日時を決めなければなりません。かなり複雑です。社内、客先の出席者の確認、全員の予定を確認して調整しなければなりません。直接、電話、メールで確認して、全員が都合が良い日に会議をセットします。

正確に聞く力、読む力、そして課題解決力が養われます。

名前など聞き取れないところがあって何度も繰り返して聞きました。それから聞き取れなかった語彙は自分が間違った発音をしていたからですね。

TOEICテストのリスニングは一度だけです、リーディングは速読並で読まなければなりません。このプロジェクトで要点の記憶の保持力が鍛えられますね。

プロジェクトで使用されている語彙は、TOEIC に出題される頻度が多い語彙を使っていて、自然に語彙力もつくようです。

プロジェクトのスクリプト、解説があります。スクリプトを見ながらリスニングを確認しています。数回聞くときは再生速度を1.3倍ぐらいにして聞いたりしています。

模擬テストのテキストです。ボリュームあります!

TOEICテスト形式の模擬テスト問題です。

Weekly Test Book

週の終わりに行う模擬テストです。全25題です。900点突破のためのパートに重点を置いています。解答、解説があります。同じテストを数回に分けて学習する方法が参考になります。

Monthly Test Book

1〜4カ月目の学習後に行い、アルク提出型の100題のTOEIC 型式テストです。提出後にサイトで解答、解説を見ることができます。

Monthly Test5

5カ月終了後に行う、アルク提出型のTOEICテストで問題数は実際のテストと同じ200題です。提出後にアルクのサイトから解説、解答がダウンロードできます。

Final Test

6カ月終了後に行う、アルク提出型のTOEICテストで問題数は実際のテストと同じ200題です。実際のTOEIC テストと同じ形の小冊子になっています。
提出後にアルクのサイトから解説、解答がダウンロードできます。

アルクから

Wordbook

900点突破に必要な720語のワードが例文とともに掲載されています。

通信講座の詳細、価格、特典など、こちらのサイトでご確認ください。

(Visited 45 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする