目には見えないパワー 1/2

気功:西野流呼吸法

「頭で考えない」と言われて

20年以上前のことです。気功の道場(西野流呼吸法)で、まだ初心者の頃、運良く由美かおる(道場の師範のひとり、女優の由美かおるです)と対気の機会がありました。手を合わせた瞬間に言われたことは「頭で考えない」でした。この言葉が「気、潜在能力とは」の扉を開いてくれ、その後の価値観を変えた最初の言葉だったと思っています。

clip_07

自分の手がセンサーのように敏感になった。

西野流道場では不思議な気の力を実体験しました。人それぞれ気に対する感受性は違いますが、体の変化を感じたのは、ある日突然、植物とパワーストーン(特にQuartz)に強いエネルギーを感じるようになりました。人間の持つ潜在能力(退化し閉じ込められた能力)の一部が現れたのか、それとも細胞が緩み受信バンドが広くなったのか、誰からかコピーされたのかは分かりません。

緩んだ細胞がシンクロしても不思議ではない。

私は理工系で、25年間電磁波に関連した仕事をしていました。強いエネルギーを放射しても、被放射体(相手)が分子レベルでシンクロしてくれないと、何の作用もしません。弱くても、相手がシンクロすると、大きな作用となります。人間は60兆の細胞で出来ています。複雑で、超微弱なシンクロするスペクトル波長があっても不思議ではありません。

免疫力向上、ストレスの発散

20年間毎土曜日に渋谷の道場に通ってました。道場に足を踏み入れた瞬間から、何もかも忘れてしまいます。対気は武道的なところがあり、強い気でマットに叩きつけられた時、たまってたストレスがすっとんでしまいます。おかげで病気もせずに、なにかと難しい外資系企業で停年まで25年間勤めることができました。ストレスを発散し、免疫力が高くなったからだと思っています。

気功は現象結果は可視化できます。でも目にはみえないパワーです。

(Visited 73 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク