「水素水とサビない身体」:太田成男著を読んで

水素水は活性酸素を退治する最高の抗酸化物?

本橋丸善に積まれていた「水素水とサビない身体」を立ち読みして、活性酸素がエージングだけでなく、色々な病気の要因になっているかを知り、また著者が日本医科大学の教授で、もともとは人間のエネルギーの発電所「ミトコンドリア」の研究者だったことが、「活性酸素と水素水」に対する興味をかき立てました。

Unknown-12

具体的に効果が書けるのは、著者の論文「水素は細胞傷害性酸素ラジカルの選択的還元により治療に有効な抗酸化剤として作用する」が、アメリカの『ネイチャー・メディシン』誌に取り上げられており、その論文をきっかけに多くの医療関係者が「水素水」を医療に取り入れ、理論の裏付けがあるからでしょう。水素水は何の害もないので、納得すれば、明日からでも飲めますね。

本のレビューはとてもできません。私の気になったキーワードです。

負のスパイラルを断ち切る

活性酸素とミトコンドリアの関係については、私なりの理解をしたつもりです。呼吸をしている限り、ミトコンドリアで活性酸素が発生を防止することはできません。ただ、活性酸素で損傷した箇所が炎症を起こしたり、損傷したミトコンドリアの機能が低下して、さらに活性酸素を発生させていても、病症が出るまで我々には知るよしがありません。水素水は、そんな負のスパイラルを断ち切ってくれると言っています。

悪玉活性酸素の選択還元

活性酸素には、生理学的に有用な善玉活性酸素と悪玉活性酸素があります。水素は悪玉活性酸素だけを還元、消してくれるそうです。良く化学式を見ればそうなっているのかもしれません。

抗酸化物質の中で水素は別格

抗酸化物にビタミンC、ビタミンE…コエンザイムQ10などがあります。たしかに、水素の大きさに比べたら、これらの分子は大きくて細胞膜を突き抜けることはできず、効用に限界があるようです。「内蔵や脳幹を含めてすべての細胞に行きわたる点で水素は画期的」と絶賛する医療関係者もいるようです。

水素水に副作用はない

もともと水素は無害で、還元されて活性酸素は水になります。

その他

水素水の効果の領域は広く、多くの病気、また肌の美容にも効果があるようです。活性酸素が要因の一つとなっている病例が多く書かれてます。代表的な病気のほとんどでしょう。その他、日常生活で活性酸素の発生を少なくする方法、水素水の選び方、飲み方などが書かれています。

考えてみると、腹八分目、ストレスを貯めない、急激な運動はしないなど、はエネルギーを作る「ミトコンドリア」に急激な負荷をかけて活性酸素を過剰に発生させないことなのでしょうね。自動車だって、スピードを上げたり、停まったり動いたりを繰り返すと効率が落ちますね。断食とか、癒しとかも、結局は細胞を休ませて活性酸素を減らすことなのでしょうか。

楽天→水素水とサビない身体 [ 太田成男 ]

iBooks水素水とサビない身体 – 太田成男

(Visited 173 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク