文章の”いろは”が学べる『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』井上ひさしほか文学の蔵

『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』井上ひさしほか文学の蔵

Unknown-4_03

工学系だったことを言い訳に、文章について学ぼうとしたことがなかった。退職した今になって、部下にアドバイスできる文章力がなかった上司だったことが恥ずかしく、悔やんでいる。

この本は、井上ひさしが中学校三年生のときに半年間過ごした岩手県一関市に、恩返しのために開いた三日間の「作文教室」の講義をもとにしてます。分かりやすく実践的な本(講義)です。講義で「短期記憶のキャパシティーに合うような文章を書かなければいけません」、と言っています。心がければ上手になれるでしょう。たくさんの作家がおります。でも井上ひさしほど日本語について一般の人に分かりやすく語れる人は少ないとおもいます。

楽天→井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫) [ 井上ひさし ]

(Visited 55 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク