北鎌倉の東慶寺

北鎌倉の東慶寺

お天気でした。カメラを一台肩から下げて家を出ました。いつものことですが、地下鉄に乗ってから何処へ行こうか考えてます。夏以来行ってない北鎌倉に行ってみよう。人出の予想はしていましたが、北鎌倉駅で降りて驚きました。北鎌倉駅から円覚寺までの通りは渋谷のセンター街のようになっています。円覚寺は空いてくる閉門の間際に行くことにして、先に東慶寺に入りました。

東慶寺には紅葉を楽しめるような大樹もありませんし、いまは目立つ花もありません。でも、境内に自然に咲いてるような、数少ない花の前にしゃがんで写真を撮るのが好きです。

東慶寺、別名「縁切寺」は、今は小さなお寺で境内も広くありませんが、江戸時代、大阪城落城後、豊臣秀頼の娘の天秀尼が千姫の養女として東慶寺に入り、後に20世住持となっています。この天秀尼以降、東慶寺は幕府直轄のお寺でした。

DSCF9497

DSCF9501

DSCF9513

DSC_7782

DSCF9504

(Visited 92 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする