『新書一冊を15分で読む技術』:井田彰

『新書一冊を15分で読む技術』:井田彰

速読、どんなトレーニング?

25年前、日本がバブル経済のとき、私は転職しました。新しい仕事で多くの書類、マニュアルなどを速く読み、知識を習得、仕事を処理する必要に迫られ、仕事を終えてから週一回、10回の某速読法の講座を受けました。かなり高額の講座だったと思います。でもそれは、その後の私を変える特技となりました。

この本は、速読云々についての冗長な記述がなく、1週間この本に沿って訓練して、速く読めるようにトレーニング本です。速読の基本トレーニングとは、どんなトレーニングかを知ることができます。

著者の冒頭を引用します。

速読はスポーツと同じ, トレーニング

速読は、練習、トレーニングを行い訓練にすることで実現できるのです。これは、「速く走る」とか、「速く泳ぐ」といった、スポーツと同じ意味を持っています。別な言い方をすると、トレーニングである以上、誰でもある程度のところまでは、必ず”できる”ということになります。—すなわ速読は、トレーニングが可能な、知的な意味合いでのスポーツの一種だと言い切ことができます。

1週間のスケジュール

速読a

トレーニングシートの例

速読b

速読d

速読e

Amazon➡新書1冊を15分で読む技術-スーパー速読1週間 (祥伝社新書186) (祥伝社新書 186)

楽天➡新書1冊を15分で読む技術 [ 日本速読協会 ]

(Visited 403 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク