“副業できる資格”で強くなれる。女性に人気の『日本語教育能力試験 合格パック』

女性の方が向上心、自立心がつよい

駅前のドトールで珈琲を飲んでいる。となりの席で仕事帰りと思われる若い女性が何やら資格の勉強しているようです。見渡すとそんな女性が多い。

女性の方が向上心が強く、将来に備える実行力があるように思う。

副業できる資格を得ることは、不測に備えた経済的自立だけでなく、資格を持っているという自信が面倒な人間関係のストレスをも解消します。

そんな資格のなかで、『アルク』の通信講座ランキングに1位になっているのが、『日本語教育能力検定試験 合格パック2020』です。受講生の多くは女性だと思います。

アルクの『日本語教育能力試験 合格パック』/4月30日までの期間限定販売

人気の理由は、通学しないで自分のペース勉強できること。

それに講座の対費用効果です。

平均合格率23%の難問試験のアルクの『日本語教育能力試験 合格パック』受講生の合格率は2倍の50%で、費用は「420時間要請講座」の約50万円の約1/4です。

講座にご興味がある方はこちらをご参照ください。納得できるプログラムです。



(Visited 83 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする