英語は苦手が、TOEICテストで結果をだせる『これならできる!超入門』

私は機械屋で英語は苦手でした。20代の後半に必要に迫られて英語の勉強を始めました。仕事で何とか使えるようなレベルになるまで、学習法の試行錯誤、挫折の繰り返しでした。効率良く、楽しく英語を学習を継続するためには良い教材を選ぶことが大切です。

イギリス出張時、ホテルのガーデンで撮影

アルクの新講座『これならできる!超入門』

 『期間限定』2020年1月10日〜1月31日まで購入するとAmazonギフト券5000円がもらえますよ!

確実にスコアアップできる

書店には英語、TOEIC関連の書籍で溢れています。英語は苦手、全くダメ、それでもこれから勉強を始めてTOEICテストを受けてみようとする人は、どんな教材を使って、どのように勉強したらいいのか迷うでしょう。

アルクの新講座『これならできる!超入門』から始めてください。英語の基礎力をつけ、初めてのTOEICテストのスコアをアップできる一番の近道です。

『1000時間ヒアリングマラソン』で有名なアルクです。語学教材では老舗で、英語を勉強してきた人は、アルクの何らかの語学教材で世話になっているはずです。

1日わずか15分の学習を3ヶ月継続するだけ

  • 標準学習期間は3ヶ月
  • 学習開始レッベルは英語入門レベル

1日わずか15分の学習を、3ヶ月継続すると間違いなく成果がでます。

経験豊かなアルクだからできるプログラム

なぜ1日15分の学習で成果がでるかというと、学習プログラムにあります。TOEICテスト入門者のために、目標とレベルに合った英語で構成された教材で、無理なく英語の基礎力がつくプログラムになっています。

しばらく継続すると、自分のレベルが上がったことに気づき、英語が楽しくなります。1番大事なことです。

なおかつ、学習プログラムの中にTOEICテストによく使われる文法、よく使われる語法、よく出るタイプの文などが織り込まれています。自然にTOEICテストの問題形式にも慣れていく 経験豊かなアルクならではのプログラムです。

教材の音声には日本語ナビゲーションも収録されているので、いつでも学習ができ、英語の音声に慣れます。

英語入門者が苦手な「聞き取り」は、一文ずつ聞いて、意味を掴む練習で慣れていくプログラムになっています。

カリキュラムにそって継続すれば、確実に英語初心者から抜け出せる教材になっています。

教材の詳細はこちらでご確認ください。

(Visited 59 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする