見えない物が見える(望遠編), Olympus SP–100EE

イーグルアイ(標準器)内蔵, 光学50倍(1200mm)ウルトラズームカメラ

見えない物を撮りたい、そんな男の願望を満たしてくれるコンデジです。いま、このカメラにハマってます。
私の旗艦カメラNikon D800に300mmの望遠を装着しただけで、とんでもない重さになり、レンズの値段も半端でありませんよ。

aa

このカメラの特徴は、

光学24mm〜1200mmのウルトラズーム

  •   レンズ補正式手ぶれ補正
  •   ズームスピードも速い
  •   光学50倍xデジタルズーム2倍、2400mmのズームが可能

イーグルアイ(照準器)搭載はすごく便利

せっかくの超望遠でも、超望遠側では液晶画面、ファインダーで対象物を捉えることが難しく、まして動く物を追うのは不可能に近いです。風景のなかで被写体をイーグルアイで追えるのは本当に便利です。赤い点がターゲットです。

IMG_2605

その他の主な仕様

  • 有効画素数:1600万画素
  • 映像素子:1/2.3型CMOSセンサー
  • 開放F値:W2.9〜T6.5
  • 撮影範囲:W0.07m〜∞、T3.5m〜∞ スーパーマクロでは0.01mまで寄れます。(焦点距離固定)
  • 液晶モニター:3.0型TFT, 46万ドット
  • その他、動画撮影、撮影モード、シーンモード、アートフィルターなど、一般的なコンデジ相当の機能です。 詳細はメーカのサイトでご確認下さい。

広告

望遠ズームサンプル画像

24mm

1k

光学1200mm、上の写真の左よりの建物

1j

光学1200xデジタル2倍 2400mm

1m

その他 サンプル画像

1f

P3030057

縄張り2


(Visited 553 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク