妖怪ウォッチ当たった!…と言っても

小学2年の孫から電話があった、

「もしもし、じいちゃん」
「なに?」
「妖怪ウォッチ買ってくれる、こっちに売ってないから」
孫の頼みなので、たいして考えもせずに
「良いよ、買って送ってあげるから」
「ありがとう、それから青い妖怪ウォッチだよ、白はいらないよ」
「わかった、待っててね」

手に入らない妖怪ウォッチ

早速、近くのイトーヨーカ堂のおもちゃ売り場に言ってみたら、品切れでいつ入荷するかわからいそうである。人気商品で簡単に手に入らないらしい。
今年の夏は「ポケモン」だったのに、今度は「妖怪ウォッチ」を勉強しなければならないようです。

00300674あ

PB270127-2
ウィキペディで調べてみたら、

「…小学生を中心に流行し、品薄になる程の人気商品となった。一躍社会現象と化し、日経トレンディが選んだ2014年ヒット商品ランキングで第2位を獲得し、小学館DIMEトレンド大賞で大賞に選出された…」「….妖怪を見ることのできる妖怪ウォッチを手に入れた主人公が、至る所に出没する妖怪達と友達になり、彼らと協力し、町の人々の悩み・問題を解決しながら物語の裏に潜む謎に迫る….」

妖怪ウォッチが当たった!

..と言っても、定価で買える権利が当たっただけ

PB270127

ネットを通じて、妖怪ウォッチを注文応募したら運良く当たった、「当たったと言っても、定価で買える権利に当たった」と言うこです。現状、ネットでは定価の倍以上の価格で販売されています。子供の夢を利用して大人が買い占めてはいけませんね。

さて孫に送りましょう。私はウォッチをはめて妖怪を見たくはない。でも、そんな見えるウォッチがあったら嬉しいですね。

キャラクターグッズが豊富! エンスカイショップ

(Visited 44 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク