Konica HEXAR RF

LeicaM6より便利なMマウントカメラ

魅惑のボディ、マットブラック塗装

1-2s

買ったのは15年前です。Leica M6を使っていて、HEXAR RFのM6にない機能が魅力でした。それにボディがチタン&アルミダイキャストにマットブラックの焼き付け塗装、スタイルも良く、ホールディングがしっくりしている。ライカのMレンズを、オート露出、〜1/4000で使えるのが魅力です。

M6との主な違い、特長

  • 3組6種類のブライトフレーム内蔵のレジファインダー、装着したレンズに合わせて切り替わり、ライカレンズとの親和性が高い
  • フィルムの充填、巻き上げ、巻き戻しが自動(ライカではフィルム充填で、いつももたもたする)
  • DXコードによる自動ISO設定
  • 絞り優先AE&オート露出コントロール(中央重点、AEロック機能)
  • シャッター速度1/4000(M6は1/1000)

HEXAR RFの中古は多く出回っており、もう価格もそんなに高くありません。市場で一番多いMマウントレンズをHEXAR RFで使ってみるのも良いと思います。

広告

実写サンプル

レンズ:Leica Summicron-M 35mm/f2
Film: ILFORD XP2 400 (C41)
Scanner: Epson GT-X820 (2400dpiで取り込み)
現像App: Adobe Photoshop Lightroom 5)
現像がすぐあがるC41のモノクロフィルムを使用しました。

1-13

1-14

1-9

(Visited 881 times, 2 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク