情书(一位老人的记忆)

秘密的情书

…中学校を卒業してかから、高校と大学時代は寮と下宿生活でした。たまに帰省した時に、街で彼女を遠くから何度か見かけたことはあったが、それ以上近づくことはなかった。
小学5年生だったあの日から、僕と彼女は視線を合わせることはなく、まして話したことなどなかった。そしてずっと秘密を共有していた。….

(Visited 15 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする