「風邪の効用」:野口晴哉著

「風邪の効用」:野口晴哉著

Unknown_01

風邪は上手に経過させる?

「風邪引いたかな」と、軽い症状の時でもひどくならないうちにと思って風邪薬を飲んで抑えています。この本によると、それはあまり良くないようです。

この本は東洋医学関連の友人から紹介されました。著者は社団法人整体協会の創始者の野口晴哉です。いろいろな病気のなかで、一番難しく、やっかいなのが風邪で、昔はただ治すつもり治療していたそうです。働かせ過ぎの臓器だったり体の偏って疲れているところ、つま整体的に弾力性を失ったところから風邪を引くそうです。
でも、風邪が経過した後は弾力性を回復し、ピシッとした体になっていることに気がつき、風邪は治療する のではなくて、上手く経過させた方が良いと気づいたそうです。

自律神経、免疫系のバランスがリセットされるのかな?

風邪を引いていて脳溢血で死んだ例は少ないそうです。つまり風邪を引いて血管が弾力、柔軟性を持ったからではないかと言ってます。事実風邪を引くと血圧が下がるそうです。風邪を上手に通過させることは体をリセットする効用があると言うことでしょうか。そう言えば、汗がどっと出て風邪の熱が引いた後の爽快感を経験したことはありませんか。

「私は元気で風邪なんて引いたこともないよ」と言ってた人が突然大病になったり、亡くなったりの例も良くあります。バランスが崩れていた免疫系が風邪と対抗することでリセットできたとすれば、まさに「風邪の効用」ですよね。

なんでも薬、こんな日常は次第に免疫力、自己治癒力を弱めていることは確かです。

楽天➡︎風邪の効用 (ちくま文庫) [ 野口晴哉 ]

(Visited 62 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク