横にツリー展開できるアウトラインプロセッサー『Tree 2』

Mac App:『Tree 2 』

横に展開してツリー表示できるアウトラインプロセッサー

Tree 2 – Top of Tree

標準的なアウトラインプロセッサーのリスト表示を切り替えて、マインドプロセッサーのように横にツリー表示できるアウトラインプロセッサーです。視覚的に編集をすることができます。アウトラインプロセッサーに必要な基本機能は有しており、操作はシンプルで動作も軽快です。

書き出しフォーマット

  • Treeフォーマット
  • 標準テキスト(.txt)
  • リッチフォーマット(.rtf)
  • OPML 1.0(.opml)
  • Word 2007フォーマット(.docx)
  • リッチTreeフォーマット

使用実例

標準リスト表示

アウトラインプロセッサーとしては機能がシンプルで使いやすい。

Tree1

Tree表示

One Clickで横に展開してTree表示になります。マインドマネージャーのように視覚的になります。Tree表示でリスト表示同様に項目の追加、ドラグドロップで移動もできます。

Tree2

Font変更、ラバルの色を選ぶことができます。

Tree3

書き出し例

リッチテキスト書き出し:エディターで開いた例

Tree4

OPML1.0で書き出し:Cloud Outlinerで開いた例

Tree5

Microsoft Word 2007で書き出し:Pagesで開いた例

tree6

詳細は….Tree 2 – Top of Tree

(Visited 752 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク