『1000時間マラソン』の副読本『English Journal』

English Journal

2

アルクの『English Jouranal』は単独で書店、またKindle版も購入することができる。

私は、今でも『English Journal』を読んでいます。最近は、Kindle版をPCのモニター、またはiPadで読んでいる。

いまホットな女優のインタビュー記事が好きで、何度か読み返し、あとは音声だけを聞いている。まさにヒアリングの学習になります。

ej%e7%9b%ae%e6%ac%a13

すぐ使える記事がある

もうひとつ、英語を仕事で使われている方に推奨の記事があります。「柔よく剛を制す! 戦略的Eメールライティング」です。

Eメールの書き方ひとつででビジネスがかわります。私は外資に勤めてました。本社とのやりとりにはカチンとくることが多くありました。それをグッとこらえて、柔よく剛を制す、丁寧なEメールが、関係を好転させてくれました。

(English Jounal 6月号)

%e6%96%89%e8%97%a4%e6%ad%a3%e6%98%8e%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae_kindle_for_mac_6_-__%e9%9f%b3%e5%a3%b0dl%e4%bb%98_english_journal__%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

「English Jounal」は『1000時間ヒアリングマラソン』の副教材です。

『1000時間ヒアリングマラソン』は、1980年代からの元祖的英語教材です。

しかし、一番新鮮です。それは他の教材のような”つくり置き”でないからです。毎月、時代に合わせて更新されています。

ある特定のシチュエーションを想定した的学習法ではありません。応用できる論理的な学習法です。

英語を通して知識が得られる教材です。

費用対効果が高い教材です。

詳細はこちらで…

(Visited 90 times, 1 visits today)
Blogランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク