理系英語を系統的に学べる!『理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ』

『アルク』の”理系英語を系統的に学べる講座”

理系の人は英語力が必要なことは分かっている。科学技術の基礎は全世界共通で、情報、コミュニケーションの公用語が英語だからです。
しかし英語は勉強しているが、いまひとつ進歩が実感できない。理系英語を系統的に学ぶ機会がなかったからです。

理系英語を系統的に学べる講座があります。

『理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ』

語学関連の教材、通信講座の老舗『アルク』の『理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ』です。



大事なことから 期間特別割引があります

9月30日まで期間特別割引き20,000円Offです。税込49,680円が29,680円で購入できます。カート内でログイン後割引価格になっていることを必ず確認してください。

『アルク』のノウハウ: アウトプットに繋がるインプット力を見つける

ある期間プログラムに沿って学習すれば、受講者は必ず目標レベルに到達できるという『アルク』の通信講座です。

受講のレベルは”英語初級レベル”から、1日30〜40分x週5日ー3ヶ月の学習期間で、結構なボリュームです。

“読む力”と”聴く力”のインプット力(情報収集力)を身につきます。それが”書く”、”話す”のアウトプット力(発信)に繋がります。アルクの人気講座『ヒアリングマラソン』のノウハウでしょうか。

航空宇宙工学、化学、機械工学、コンピューターサイエンスなど、専門分野の論文、それに教授・学生による英語模擬プレゼンもDVDに収録されており、実践的です。

けっこうなボリュームの教材



コースガイド/テキストブック3冊/別冊『論文集』1冊/別冊『ワードブック』1冊/DVD1枚/CD3枚/マンスリーテスト3回
(別冊のワードブックには理工系の語彙570語が掲載されています)

特別付録

  1. 小冊子 海外の科学専門誌に挑戦!
  2. DVD付き小冊子 海外の科学番組に挑戦!

その他、アルク出版物、通信講座が10%offで購入できるなど、お申し込み特典があります。
(注:教材の詳細はアルクのサイトでご確認ください)

理系は英語に弱いと思われがちですが、理系の人の方がスイと壁を越え、進歩が速いように思います。英語の五文型を素直に公式のように覚えてしまうからでしょうか。私の感想です。



しっかりと「理系英語のコツ」が学べる通信講座

(Visited 46 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする