この本は良い!『現役東大院生3人が書いた 頭の回転がすぐに3倍速くなる3つのテクニック』

『現役東大院生3人が書いた 頭の回転がすぐに3倍速くなる3つのテクニック』

(PC版Kindleのスクリーンショット)

クイズ番組『東大王』が好きでよく観ていてる。彼らは生まれながら頭はいいのでしょうが、それよりも子供の頃から効率的に覚えられるテクニックを探求し、試行錯誤しながら自分に合ったテクニックを身につけているに違いないと思っていた。

そうなんです。『現役東大院生3人が書いた 頭の回転がすぐに3倍速くなる3つのテクニック』の冒頭で答えてくれました。

冒頭を引用します。
勉強は才能ではありません。頭の速さも同様です。テクニックを知っていたか知らないかです。
私たちが東大に入れたのは生まれながらの勉強の才能があったからでも、人一倍努力したからでもありません。
「運」です。基本的には「出会いです」

学校で教わらない、勉強以外の知識、目標設定テクニック、もティべーション、勉強に対する姿勢、スケジュール作成など、たまたま知る機会があっただけなのです。

自分で考えた部分もありますが、基礎はやはり「運よく知った」だけです。

この本はそんな「運」「出会い」になれます。

継続することで効果は高まりますが、すぐに違いは実感できると思います。

3つのテクニックとは、
1. 「速読のテクニック」
2. 「速聴のテクニック」
3. 「いますぐ頭の回転を速くしたい人のための東大生の秘密のテクニック」

シンプルな書き方で、ゆっくり読んでも20分くらいで読み終えることができます。この本を読んで説明の範囲で実践してみてください。数倍は頭の回転が速くなります。

もっと速読を極めたかったら速読関連の著書はたくさんあります。実践しながら自分に一番合った方法を見つければいいのです。

私は若いときに速読の講座を受けました。会議で配布された資料は、さっと最後まで読めるし、メールもひと目で優先順位をふりわけることができます。そして一番は再読です。速読で再読すると記憶に残り、かつ新しい気づきがあります。速読は必須ですね。この本を読んで、もうワンステップ上を目指す勇気が湧いてきたました。

速聴は、最近動画学習のUdemyにはまっている。選んど講座はすべて英語です。再視聴するときは1.5, 2倍速で見ているのですが、これが具合がいい、東大院生が述べているように英語がゆっくり聞こえるようになった。

つまり、量、質、集中のテクニックを身につけると、頭の回転が加速度的に速くなるということです。

この本はKindle配信だけです。
大人気シリーズ第3作!現役東大院生3人が書いた 誰でもすぐに頭の回転が3倍速くなる3つのテクニック

Kindle Unlimited(読み放題)だと無料です。

(Visited 319 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする