『学年ビリギャルが一年で偏差値40上げて慶応大学に合格した話』

『学年ビリギャルが一年で偏差値40上げて慶応大学に合格した話』:坪田信貴

2年前に出版された単行本『学年ビリギャルが一年で偏差値40上げて慶応大学に合格した話』のストーリー部分を抜き出した、文庫版のノンフィクション小説です。著者はギャルを指導した塾の先生です。

喫茶店で読み始めたら夢中になってしまい煙草を吸うのも忘れて読みきってしまいました。しっかり入り込んで、最後の”さやかちゃん”の慶応大学合格発表のくだりは、娘の合格発表を聞くようで、ドキドキしながら読んでいました。

ストーリはこのように始まります。冒頭を引用します。

「この娘、何が目的でうちの入塾面談に来たたんだろう?」
それが僕の偽らざる第一印象です。
それは学校が夏休みの時期。その女子高生の髪はあざやかな金髪で、パーマでゆるくきれに巻かれていました。顔立ちはきれいなんですが、つけまつげの厚化粧にイヤリング、ピッチとした丈の短いTシャツにネックレスを身につけ、おへそが出ていました。半腰ではいたスカートは、これでもかというぐらいまくって短くしてあります。ハイヒールは高く。ネールアートも派手で、それにきつい香水のにおいがしました。
まさに「ギャル」以外の表現はみつかりませんでした。

彼女の学校の成績は学年ビリ、全国模擬偏差値は30以下。小学4年生程度の学力でした。
この娘ならいけると見極めたのは、勧めたやり方を受け入れる素直の性格で、伸ばせると確信したからだと述べています。
東西南北の東も西もわからない、英語のstrongの意味は”日曜日”と答え、聖徳太子は読めない、と言った、思わず笑ってしまう珍回答、英語の辞書を調べて漢字が読めなくて国語辞典を調べる、そんな無知に近い状態からのスタートです。小学生を1年半で慶応大学に合格させる、そんな感じでしょうか。

指導のなかで、その子がつまづいてわからなかったら、高校二年生でも小4までの知識が詰まっていたら、そこまで戻ってもらう、と言っています。それにしても時間の勝負です。「お前にできるわけがない」、「恥ずかしヤツだ」、「身のほどをを知れ」と周囲に言われても、急な坂道をアクセルを踏み続けた本人の強靭な意志です。化粧する時間なんてもったない、変わっていく姿、成績に家族、そして周りの見る目もだんだん変わっていきます。

結果は、関西学院、明治大学に合格、大本命の慶応文学部には落ちたけど、慶応大学の総合政策学部に合格しました。最後の慶応大学の小論文試験で、「私が思う世論とは….」で書き始めた、とあります。読んでいて、あー神が降りて来たと思いました。

ノンフィクションです。素直に読まさせていただきました。

楽天➡️学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話文庫特別版 (角川文庫) [ 坪田信貴 ]

iBooks➡️学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 【表紙モデル写真〈カラー16点〉追加の電子特別版!】 – 坪田信貴

(Visited 308 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする